TCBの二重術の特徴と評判は?

query_builder 2021/12/07
美容・健康まとめ
美容整形

皆さんこんにちは


たまに二重になるもんちゃんです。


二重は目がきれいに見えるから

気になっている人も多いはず。


今回はとても安くてきれいに二重手術をしてくれるクリニックを見つけましたので

皆さんにシェアします。


美容整形
切らない1day施術・TCB式二重まぶた埋没法

二重埋没法はメスを使わず、特殊な糸を使って、

二重まぶたを作る施術です。


まぶたの皮膚の内側に糸を通し、

二重のラインを作るのに必要な皮膚と筋肉のつながりを作っていきます。

皮膚の切開を行わないため、ダウンタイムが短いのがメリットです。


実際の施術では、最初に好みの位置に二重のラインをデザインした後、

糸を通して固定します。


このときの固定方法としては、2ヶ所で留める2点留め、

または3ヶ所で留める3点留めが一般的です。


なお、デザインやまぶたの厚さによって適した留め方は変わります。

詳しくはカウンセリングの際、医師にご相談ください。


まぶたの筋肉や脂肪がそこまで厚くない方、

自然な印象の二重を目指したい方におすすめの施術です。




TCB東京中央美容外科とは


TCB東京中央美容外科は、東京を中心に全国の主要都市に

54院を展開している美容整形クリニックです。


高品質ながら通いやすい治療を受けられるクリニックで、

美しくなりたいという人々の願いをかなえるために

アフターケアにも力を入れています。  


二重整形に定評があり、TCB式1dayクイックアイという

二重整形メニューがあります。


メスを使用せず、まぶたの裏側から糸を通す埋没法で、

手軽に理想の二重を実現できます。  



【どんな種類がある?】

TCB東京中央美容外科で受けられる二重手術


この記事ではTCB式1dayクイックアイを主にご紹介していますが、

二重整形にはほかにも種類があります。


ここでは、TCB東京中央美容外科で受けることができる、

代表的な二重整形の方法について詳しく解説します。


TCB東京中央美容外科の二重整形とは

TCB東京中央美容外科の二重整形で、

代表的な3つの種類をご紹介します。


埋没法については後ほど詳しく説明しますので、

ここでは切開法と挙筋前転法について、もう少し詳しく説明します。


状態によって最適な方法を提案してくれる「全切開・部分切開」



切開法はメスを使用して希望の二重ラインを切開する方法で、

まぶたの脂肪が多い方は、脂肪も一緒に切除します。


余分な脂肪を取ることによってぱっちりとした目元になることができますが、

切開を行うことからダウンタイムに時間がかかることがデメリットです。  


切開の方法には「全切開」と「部分切開」の2種類があり、

TCB東京中央美容外科では脂肪の量や眼瞼下垂があるかなどに

応じて提案してくれます。また、痛みについては、

注射針に超極細針を使用することによって痛みを軽減しています。


メスを使わず目の開きを大きくする「挙筋前転法」


挙筋前転法は、TCB東京中央美容外科では

「クイックデカ目術」とも呼ばれ、

眼瞼挙筋というまぶたを上げる筋肉を縫い縮めたり、

位置を変えたりすることによって目を大きく見せ、

二重を作る手術方法です。


切らない方法と切る方法の2種類があります。  

切らない方法の「埋没式挙筋前転法」は、メスを使わずに、

目を開く筋肉に糸を通して筋肉を短くすることによって目の開きを大きくします。  


切る方法の「眼瞼挙筋前転術切開法」は、

上瞼の皮膚を切ってから、

上眼瞼挙筋と腱膜を瞼板に縫いつけて短縮し、

余った腱膜を取りのぞいた後に縫い縮める手術です。


この方法は、様々な要因からまぶたが十分に開かなくなってしまう、

重度の眼瞼下垂にも対応しています。


埋没法(TCB式1dayクイックアイ・TCB二重術)とは



二重プチ整形の方法として、

良く知られる埋没法の代表的な2種類

「TCB二重術(挙筋法)」と「TCB式1dayクイックアイ(瞼板法)」

の施術方法をご紹介します。


どのような人におすすめかも説明しますので、参考にしてみてください。

安価で人気の「TCB二重術(挙筋法)」



挙筋法は、まぶたの上部にある筋肉部分に針と糸を通す手術方法です。

細い医療器具を使うことから、麻酔量も少なく、

体への負担が少ないというメリットがあります。


一方で、施術する医師の技術や経験、

センスによって仕上がりが変わってくるのも特徴です。  

TCB東京中央美容外科では利用者の多い二重整形です。


保証の手厚さで人気の「TCB式1dayクイックアイ(瞼板法)」



TCB式1dayクイックアイ(瞼板法)は、

まぶたのすぐ裏側、瞼板という硬い組織を糸で固定する手術方法です。

施術時間はたったの10分。  


TCB二重術(挙筋法)からさらに進んだこだわりの二重整形で、

「メス無しで切開法のようなキレイな二重ライン」

「ダウンタイムの少なさ」「安定した二重まぶた」が叶う人気のコースです。  


挙筋法よりお値段は張りますが、

埋没法の中でも保証の手厚さと、仕上がりの安定感があります。


二重整形はどうやって選べば良い?

ここまでご紹介した二重整形の特徴を踏まえて、

どんな人に、どの二重手術がおすすめなのかをまとめました。


この選び方を参考にして、自分に合う二重整形を選んでみてください。


切らずに手軽に二重にしたい人は

「TCB二重術」「1dayクイックアイ」がおすすめ



「きれいな二重になりたいけど、まぶたを切るのは抵抗がある」

という人は「TCB二重術」と「1dayクイックアイ」がおすすめです。


メスを使用せず、まぶたの裏から糸を通すことで

理想の二重になることができます。

ダウンタイムも少ないので、

忙しくてなかなかお休みが取れない方にもぴったりです。  


この二つの方法のうち「TCB二重術」は、よりシンプルな方法で、

なので、気軽に二重術を受けることができます。


継続的にしっかり二重にしたい人は「切開法」がおすすめ



切開法は、脂肪でまぶたが厚かったり、

皮膚が硬かったりして埋没法では二重を維持できない方に

お勧めの方法と言えます。


いろんな二重のラインも実現できるほか、

継続性も抜群なので、いつまでも二重でいたい人に最適な方法です。


「挙筋前転法(クイックデカ目術)」は

パッチリ二重になりたい人におすすめ



挙筋前転法(クイックデカ目術)は、

まぶたの裏にある眼瞼挙筋と瞼板をしっかり糸で固定することによって

目の開きを改善する方法です。


そのため、一重から二重になりたい人や、

もともと二重でも、もっときれいな二重になりたい人におすすめです。


【メス無し・施術10分】TCB式1dayクイックアイとは?



ここからがメインのお話ですが、

TCB式1dayクイックアイについて詳しくご紹介していきます。


TCB式1dayクイックアイの特徴や施術の流れから

保証制度までお伝えしますので、


よく理解したうえで施術を受けるかどうかを検討してみてください。


TCB式1dayクイックアイにはどんな特徴がある?


TCB式1dayクイックアイは、TCBこだわりの二重整形で、

メスで切開せずに医療用の針と糸を使って、まぶたにヒダを作り、

二重のラインを作る整形手術です。


特徴としては安全性に配慮した医療用の針と糸を使用するので、

腫れや内出血が少ないことです。  

また約10分ほどの時間で手術を行うことができるほか、

ダウンタイムが少なく、術後すぐにメイクができるのも大きなポイント。


お仕事が忙しいお勤めの方や、

周りの人に手術をあまり知られたくない方にもおすすめです。


TCB式1dayクイックアイの追加オプションは?

TCBの1dayクイックアイプランには追加オプションメニューもあります。


特定のお悩みがある方はぜひチェックしてみてください。



以前手術した際の糸を取ってくれる「二重抜糸術」


TCB東京中央美容外科では、以前二重手術を受けた際の糸が

まぶたに残っている場合の抜糸も行っています。


前回の手術がTCB東京中央美容外科だったか

他院だったかに応じて料金が異なります。


糸は通常医療用のものなので、

残したままにしておいても問題はありません。


術後すぐにメイクができる「シークレット処理」


シークレットというオプション施術もありますが、

これはまぶたの表面に針を通さないようにする方法で、

表面に傷ができないため、

施術後すぐにメイクをすることができます。


また、術後の腫れも抑えることができるので、

ダウンタイムもほとんどありません。


万が一の時も安心!

TCB式1dayクイックアイにはしっかりしたサポート・保証制度がある



TCB東京中央美容外科では、二重の糸が取れてしまったような場合に備えて、

充実した保証制度を設けています。

保証の内容や期間はプランによって異なりますが、

最大一生涯の保証があります。


具体的には以下の表のような保証制度があります。


保証期間内に二重が取れたり、ラインが薄くなった場合は、

片目につき2回まで無料で再施術を行うことができます。

また、幅を広げたり、平行型にしたいなどデザイン変更したい場合も

保証期間中2回まで無料で再施術することができます。


【施術の流れ】TCBで二重術を受けるまでのステップ


TCB東京中央美容外科でTCBで二重術を受ける場合、

どのような流れになるのでしょうか?


ここでは施術までの流れや施術後の注意点などをまとめてみました。


ステップ①:カウンセリングを受ける

最初にクリニックでスタッフによるカウンセリングを受けます。

TCB東京中央美容外科では、

どのような二重まぶたにしたいのかしっかり要望を聞いたうえで、

それぞれの目の特徴に合わせた最適な施術プランを提案してくれます。  


カウンセリングは45分ほどですが、

ていねいに要望や質問に答えてくれるので、

疑問や不安点について気軽に相談することができます。

また、高いプランを無理に契約させられることもないため、

安心してカウンセリングに臨むことができます。


ステップ②:医師の診察を受ける

スタッフによるカウンセリングが終わったら、医師の診察です。

診察ではカウンセリングで決めた施術で問題がないかを確認したり、

仕上がりについてのシミュレーションを行っていきます。


場合によっては、まぶたの脂肪を取る施術をすすめられることもあります。

TCB東京中央美容外科ではシミュレーションにこだわっています。

この時点でお互いの考えているラインが違ってしまうと、

仕上がりに満足することはできないからです。

納得できるまで、何度もシミュレーションしてもらうことができます。


ステップ③:施術を受ける

診察が終わると、いよいよ施術を受けます。

処置室に移動して施術を開始しますが、

複数の麻酔を使って痛みがないように施術を行ってくれますので、

痛みが心配な方も安心して施術を受けることができます。  


施術時間は、まぶたの形や施術プランによっても変わってきますが、

だいたい10分~20分程度の短い時間で終了します。

施術後は目が重たい感じがしたり、目に力を入れると多少痛みを感じることがあります。


ステップ④:仕上がりを確認する

施術が終わったら鏡を見て、二重まぶたになった自分の姿を確認することができます。

施術後にはすぐに帰宅することができますが、

周囲の目が気になるという方はマスクやサングラスなどを用意しておくとよいでしょう。  


施術直後は腫れによって多少二重の幅が広めになりますが、

しばらくすると自然なラインになるので心配はいりません。

アフターケアもしっかりしているので安心です。



美容整形
口コミを紹介

それでは口コミを見ていきましょう。


TCBの二重術は、自分の満足のいく二重を目指すことができます。アイプチをする面倒さから解放されたい・理想の二重になりたい方は、TCBでの施術がおすすめです。


「TCB二重術」や「1dayクイックアイ」という施術方法は、まぶたを切開せずに行う手術ですが、それでも糸を通すための手術を行います。痛みなども気になるところですが、痛みが少なく、回復までのダウンタイムも短いのが特徴です。


TCB東京中央美容外科は、医師を始めとしてスタッフの対応が良いのが魅力。二重整形は何回も通う施術ではありませんが、初めての場合は緊張しやすいものです。そうした場合でも、ていねいでやさしい対応によってリラックスして通えます。




皆さんも是非カウンセリングで色々

確認してみてください。



NEW

  • RIZAP WOMAN エステ体験ってどうなの? 特徴を調べてみた!

    query_builder 2022/05/28
  • ダイエットに効果的な運動方法とは?

    query_builder 2022/05/20
  • LACOCOは脱毛器メーカーが提供する脱毛サロンの特徴と口コミ

    query_builder 2022/01/17
  • TCBの二重術の特徴と評判は?

    query_builder 2021/12/07
  • 70%以上の男性が20〜30代で薄毛の悩み

    query_builder 2021/11/24

CATEGORY

ARCHIVE