タオルがすぐに黒ずむのはナゼ?解決方法は?

query_builder 2020/09/27
その他カテゴリまとめ
洗濯機を選ぶ

皆さんこんにちは

最近洗濯の黒ずみや、黄ばみが取れなくて色々試行錯誤している

もんちゃんです。


皆さんは洗濯の衣類の黄ばみや黒ずみはどうされていますか?


もんちゃんは単純に漂白剤などを使ったりしています。

でもこんな記事を見つけましたので、よかったら参考にしてください!


洗濯機の選び方
◆ドラム式か縦型かで、黒ずみ問題の解決方法は異なる

まず、なぜ黒ずみができるかというところなのですが、


洗濯は『洗い』の際に、洗剤で汚れを包んで水に移します。

そして『すすぎ』で、洗剤で包んだ汚れを流していくのですが、この『すすぎ』の工程がとても重要で、

汚れた水がちゃんと流れないと、汚れが衣類に付着して、衣類が黒ずんできます


実は黒ずみの原因は、洗ったときに出た汚れが、「すすぎ」できちんと流れていなかったからなんですね。


黒ずみを取るためには綺麗な水ですすぎをきちんとして、汚れを流してあげることが大事です。キレイにするためには、2回以上のすすぎは必要です。また、縦型の洗濯機であれば水量を調整して、水の中にきちんと衣類が沈んでいる状態で洗うこともポイントです


自分で水量を設定できない、ドラム式の洗濯機の場合は?


ドラム式の洗濯機の場合は、洗う衣類の量を自分で調整してください。目安としては、従来の量の半分~3分の2くらいの衣類を入れて洗うのがよいかと思います。というのも、ドラム式は、少ない水で衣類についた汚れをたたき洗いするという構造なので、衣類を詰め込みすぎると汚れを落とす効果も半減してしまうからです。

 さらに、使用する水の量も少ないため、衣類が多いと汚れも流れにくく、黒ずみがつきやすくなります。縦型は水量を増やす、ドラム式は入れる衣類の量を減らす、という方法で対応してください


洗浄力の高い洗剤を使わなくてもちゃんと黒ずみは取り除くことが可能です


汚れをとっても、流れなければ意味がありません。ちなみに、これは知らない方も多いかもしれませんが柔軟剤を入れる場合にすすぎが一回だと、黒ずみがつきやすくなります。洗剤は汚れを落とすものですが、柔軟剤は衣類をふんわりと仕上げるもので、全く性質が異なります。

 汚れが落ちていない状態で柔軟剤が入ってしまうと、柔軟剤が汚れを衣類にくっつけてしまい黒ずみやすくなります。なので、柔軟剤を入れるときは、特にすすぎの回数を2回以上にするなど意識してください

生乾きの取り方
◆生乾き臭を取る方法

生乾きなどの匂いは、衣類に雑菌が付着していることが原因です。

これは、付着した雑菌を取り除かないといけないので、つけおき洗いをしてください。

 桶やバケツに、40度くらいのお湯をためて洗剤を入れます。粉末タイプの洗剤は洗浄力が高くてオススメです。

そこに酸素系漂白剤をプラスして、30分ほどつけてあげて、その後にいつものように洗濯をしてみてください。


注意点としましては衣類の表示を確認してやってみてくださいね。

 また嫌なニオイを香りで隠そうと柔軟剤を多く入れる人もいますが、それが返って逆効果になる場合も多いです。

香りで隠すのではなく、きちんと汚れを落とす。

そうしなければ常に汚れやニオイの落ちない悪循環に陥ります。

ドラム式洗濯機
◆使う人によってベストな洗濯機は異なる

洗濯機を買うときに、縦型・ドラム式などの型や種類で悩む人も多いと思うのですが、

皆さんはどんな基準で洗濯機を選んでいるでしょうか?


選ぶ参考としましては、洗う人の好みや生活・使い方による、と思います。


型に関して言えば、先ほどお話したように、縦型は多少衣類を詰め込んで洗っても、自分で水量等を調整して、洗濯することができます。普段着を、毎日たくさん洗いたい人に便利な型だと言えます。

 一方で、ドラム式は衣類を詰め込みすぎると効果が半減してしまいますが、

少ない水で汚れを落とし、乾燥までできるという便利さがあります。

洗濯をとにかくラクに終わらせたい人に向いています。

 どちらの型が優れているかというよりも、自分の生活にどちらがあっているか、と考えることが重要だと思います。

種類についても、機能は違えど効果が大きく違うということはないので、

自分の生活や好みに合わせて選ぶことが正解だと思っています。


まずは、洗濯機を選ぶ前に、すすぎの回数や入れる衣類の量を見直して、きちんと汚れを流すことも見直してみてくださいね

洗濯機
◆どの洗剤を使うかよりもどう使うかが大事

洗剤もたくさん種類があり迷ってしまいますよね。こちらも一押しの洗剤などをお知らせします。


洗剤も同様に、

どの洗剤がいいですか?

とよく聞かれますが、

これこそ洗う物による、と思います。


液体洗剤より粉末洗剤のほうが洗浄力が高い、などの違いはありますが、

汚れ具合と素材にあわせて洗剤を選ぶことがとても大事です。

メーカーやブランドよりも、まずは普段着用・オシャレ着用・強い汚れ用で洗剤を使い分けてみてください。


仕上がりや衣類に合わせて洗い方や洗剤を変えてみると、

毎日の洗濯に楽しさがプラスされるかもしれませんね。

大事に洗うことで、大事に使うことにつながると思いますので


日常生活のほんの些細なルーティンも楽しさに変えていくことも

自分の人生にメリットを持たせてくれると思います。

NEW

  • 保険の種類とおススメは? 保険を選ぶ際に留意しなければいけないこと

    query_builder 2021/02/24
  • 安心車.jpの車一括査定の特徴や口コミ評判まとめ

    query_builder 2020/12/31
  • もらい事故で失った価値!残価設定ローンの下取り価格が下がった分の賠償請求は可能?

    query_builder 2020/12/31
  • コンビニのATM 賢い利用法や手数料無料をご紹介!

    query_builder 2020/12/31
  • プラチナカードの審査に通る人「ゴールド」で良い履歴を積み重ねる

    query_builder 2020/11/03

CATEGORY

ARCHIVE