「軽費老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」への入所要件と受けられる介護の内容

query_builder 2021/10/17
その他カテゴリまとめ
介護

皆さんこんにちは!


最近仕事が忙しいもんちゃんです。


高齢者社会が目立ってきましたね。

うちの近くにも介護付き

老人ホームが新しく建っていました。


高齢者施設には複数の種類があり、

入所対象となる介護レベルや

提供されるサービスが異なっています。



今回は「軽費老人ホーム

(A型・B型・ケアハウス・都市型)」

と「サービス付き高齢者向け住宅」を

皆さんにお伝えします。

介護
軽費老人ホーム(A型・B型・ケアハウス・都市型)

●どんな施設か



軽費老人ホームは、社会福祉法および老人福祉法に規定されており、

「無料または低額な料金で家庭環境、

住宅事情等の理由により居宅において

生活することが困難な老人を入所させ、

食事の提供その他日常生活上必要な便宜を提供する施設」

(老人福祉法20条の6)とされています。


主な設置主体は、地方公共団体や社会福祉法人、

都道府県知事の許可を受けた法人で、

公的性格の強い位置づけの施設です。


その中には介護保険制度の下、

介護付き有料老人ホームと同様に、

特定施設入居者生活介護(外部サービス型を含む)の指定を受けて、

介護サービスを提供する施設(ケアハウス・介護型)もあります。


軽費老人ホームには、A型、B型、ケアハウス、都市型の4種類があります。


A型・B型はケアハウスへの経過措置施設となっており、

新設はできませんから、ホームのうち9割がケアハウスです。


2017年10月現在、全国で2023施設あり、

施設数自体は少しずつですが増えています。




●入所対象は原則60歳以上



入所対象者は、

「身体機能の低下等により自立生活を営むことについて

不安であると認められる人であって、

家族による援助を受けることが困難な60歳以上の人」となります。


原則60歳以上ですが、配偶者や3親等内の親族の場合は、

60歳未満でもともに入所が可能です。施設によって、

所得制限がある場合もあります。  


軽費老人ホームA型 

居室のほか、談話室、食堂などがあり、

食事の提供や日常生活上の便宜が提供されます。  


軽費老人ホームB型 

食事の提供がなく、自炊が原則のホームです。  


ケアハウス 

原則個室で、車いすの生活となっても自立した生活が送れるように、

構造・設備面で配慮されています。

一般型と介護型(特定施設)に分けられます。


一般型は重度の要介護状態になると入居継続が困難になりますが、

介護型は介護サービスを提供するため、重度の要介護者も入居できます。  


都市型軽費老人ホーム 

都市部の低所得高齢者に配慮し、

居室面積を狭くした代わりに都市部でも

低廉な費用を可能にした小規模なホームです。

食事の提供もあります。


●介護サービスを提供するホームは数が少ない


介護保険制度は、全国どこでも介護サービスが受けられる公的な制度ですが、

特定施設入居者生活介護の指定を受けている

軽費老人ホーム(ケアハウス・介護型)は極めて数が少ないのが現状です。


岩手県15ヵ所、群馬県6ヵ所、神奈川県でも15ヵ所、

比較的多いのは静岡県で25ヵ所、和歌山県9ヵ所、

どこにあるのかわからないほど少ないのは、

大分県の4ヵ所です。


これは軽費老人ホームA型、B型とケアハウスを合わせた件数です。

「軽費」という名の通り、

費用は有料老人ホームに比べれば安価ですが、

数が少ないため、事実上入居はなかなか難しいと考えるべきでしょう。

介護
サービス付き高齢者向け住宅

高齢者の安心を支える「サービス付き高齢者向け住宅」

「サービス付き高齢者向け住宅(以下、「サ高住」と表記)とは、

高齢者の居住の安定確保に関する法律の改正により2011年10月から創設された、

高齢者の安心を支えるサービスを提供するバリアフリー構造の賃貸住宅です。


このサ高住の登録制度は、

身体能力の低下した高齢者でも安心して生活できる住まいづくりを推進するため、

医療・介護サービスとの連携を図り、

国土交通省と厚生労働省が協同する補助事業として普及が図られています。


2019年1月末時点で約24万戸のサ高住が登録されています。


●どんな住宅か

①居室面積やバリアフリー構造などのハード面の要件とともに、

②状況把握や生活相談サービスの提供、

③契約面での賃貸人の一定の保護が登録基準とされています。


料金やサービス内容などの情報が事業者から開示されることで、

居住者のニーズに合った住居の選択が可能とされています。



サ高住の「住宅」とは、賃貸住宅ですから、

月々の家賃を支払います。また「サービス付き」のサービスとは、

介護(保険)サービスのことではなく、安心のためのサービス、

すなわち入居者の「状況把握サービス」と「生活相談サービス」のことです。


前者は、安否確認で、定期的に各部屋の居住者(入居者)

に常駐の職員(介護福祉士など有資格者が多い)が

声をかけて健康状態などを確認します。


後者は、入居者がサ高住の生活での困り事などの相談に応じるサービスです。


入居条件は、原則60歳以上の人または要支援・軽度の要介護の人は入居できる住宅もあります。


●入居に要する費用

入居時に入居一時金(敷金)が必要な所もあります。

月々の家賃のほか、管理費などがかかります。


その他、食事の提供や部屋の掃除、洗濯、買物などのオプションサービスを利用すれば、

別途費用がかかります。これら費用の水準は個々のサ高住によりますので、

よく確認することが必要です。




●介護サービスが必要な場合は?


介護付き有料老人ホームなどと同様に介護保険の

特定施設入居者生活介護の指定を受けているサ高住では、

介護サービスが提供されていますが、その数は全体の7.5%とわずかです。


しかし、サ高住は自宅と同じ扱いですから、

介護保険の居宅サービスと契約して自室で利用することは、可能です。


●サ高住利用の注意点


介護サービスの利用は、入居者自身が必要な介護サービスを選び、

外部の訪問介護やデイサービスなどの事業者を利用することになりますが、

これは建前上の話です。


実際には、多くのサ高住に居宅介護支援事業所(ケアマネジャーの事業所)や

訪問介護事業所が併設されており、

建物の1階部分にデイサービスを併設しているサ高住もあります。



また、同じ敷地内に介護事業所を建てている場合もあります。

いわゆる利用者の「丸抱え状態」となるわけです。


例えば、要介護1の入居者に利用限度額の上限まで

訪問介護サービスやデイサービスを利用させている場合もありました。

毎日、ホームヘルパーが居室に来て、

さほど必要ないサービスを提供したり、

1階のデイサービスを利用させている場合もありました。


信じられない話かもしれませんが、これが実態です。

利用する際は、自らの意思で介護サービスを選択することが大切です。

もちろん、サ高住併設の介護サービスを断り、

外部の介護サービス事業者を選択することは可能です。

サ高住側がこれを拒否することはできませんので、

十分に理解しておきましょう。万が一、

そのことでトラブルになりそうであれば、

最寄りの地域包括支援センターに相談しましょう。



介護
さいごに

いかがでしたでしょうか?


そのほかにも

「介護付き有料老人ホーム(4類型)」への入所要件と受けられる介護の内容


も載せておりますので

興味のある方は覗いてみてはいかがでしょうか?

NEW

  • query_builder 2021/12/07
  • 生命保険とは?

    query_builder 2021/11/12
  • ゼクシィ保険ショップの特徴と口コミ!

    query_builder 2021/11/11
  • アレコでライフプランの見直し 保険の無駄みつけて節約!

    query_builder 2021/10/17
  • 「介護付き有料老人ホーム(4類型)」への入所要件と受けられる介護の内容

    query_builder 2021/10/17

CATEGORY

ARCHIVE